ネット印刷通販の使い分けを公開 プリントパック ラクスル グラフィックなど


僕が普段からよくお世話になっているネット印刷通販は10社ほどあります。

なかでもプリントパック、ラクスル、グラフィックさんを利用させてもらうことが多く、全体の8割はこの3社さんでお願いしていると思います。

各社ごとに特徴が異なるので、僕なりの使い分けを公開します。

使い分けの判断基準

印刷物の種類(チラシ、ポスター、名刺など)ではなく、以下3点で判断します。

  1. 自社の印刷物かクライアントから依頼された印刷物か?
  2. 再版(増刷)の予定があるか?
  3. 納期に余裕があるか?

僕の場合、金額はあまり重要な判断基準ではありません。

各社で金額にかなり大きな差があっても、まずは上記3点を考慮し、最後に金額で業者を絞り込みます。

理由は2つ

  • 少部数の場合、印刷費に倍の開きがあったとしても額としては少額の場合が多いから。(数千円の差でリスクを負いたくない)
  • 逆に大部数で印刷費が高額になる場合は、絶対に失敗したくないので、品質重視で業者を選びたいから。

実際の使い分け方

  • モノクロ印刷で納期に余裕がある場合

 

  • モノクロ印刷で再版の予定が無い場合
  • ポスティングサービスを利用するチラシの場合

 

  • クライアントから依頼された印刷物で、モノクロ印刷以外
  • 自社の印刷物で、プリントパック、ラクスルの条件に当てはまらない場合

上記の振り分けの詳しい理由は以前の記事

ネット印刷通販 デザイナーが使う有名5社のサービス比較表【詳細版】

をご覧いただければわかると思います。

簡単に書くと…

品質:グラフィック>>プリントパック>ラクスル

対応:グラフィック>ラクスル>>プリントパック

価格:プリントパック>ラクスル>>グラフィック

といった感じです。

皆さんの参考になれば嬉しいです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。