月別アーカイブ: 2018年10月

色校正の種類と裏技

色校正とは

色校正とは、印刷物の仕上がりを確認するための試作品のことです。

仕上がった印刷物をみて、「イメージより色が薄い(または濃い)」とか「赤みが強すぎる」なんて経験はありませんか?
みなさんは多くの場合、パソコンのモニターやコピー用紙にプリンターで出力したものでデザインの確認をするのではないでしょうか?
しかし、実際の印刷物とは発色も用紙の種類も異なるので、どうしても色味に誤差が生じます。
その誤差を少しでも減らし、イメージ通りの印刷物に仕上げるために、色校正を行います。

色校正の種類

色校正にはいくつかの方法があります。
※印刷会社により呼び方も若干異なるので、印刷方法や利用できる用紙をよく確認してください。

本機・本紙校正

本印刷と同じ印刷機、用紙で印刷します。
コストがかかりますが、本番と同じ環境で印刷するので、本印刷とほぼ同じ仕上がりを確認できます。
写真集や色味のシビアな印刷物、印刷部数が多い場合などに利用します。

本紙校正

色校正専用の印刷機を使い本印刷と同じ用紙で印刷します。
色味はほぼ同じものが確認できますが、オペレーターの腕に左右される場合もあります。
ネット印刷ではあまり利用する機会は無いかもしれません。

簡易校正

色校正用にチューニングされたレーザープリンタやインクジェット方式の校正専用機等を使います。使える用紙が限られるので、本番と同じ紙を使えない場合もあります。
色味を正確に確認するというよりも、全体的なイメージの確認として使います。
他の校正と比べ低コストで行えるというメリットがあります。

色校正を提供しているネット印刷通販

プリントパック
「本機・本紙校正」「簡易校正(インクジェット方式)」「プリンタープルーフ(レーザープリンター方式)」の3パターンのサービスがあります。

WAVE
「本機・本紙校正」「簡易校正」の2パターンのサービスがあります。

グラフィック
「本機・本紙校正」「簡易校正(デジタルプルーフ)」「簡易校正(本紙プルーフ)」「本紙校正(オンデマンド印刷用)」の4パターンのサービスがあります。

ちょっと裏技

実は色校正サービスを行なっていないネット印刷会社でも、本番とまったく同じ仕上がり安価に色校正を行う方法があります。
それは、、、本番を色校正にしてしまう!
そうです。本印刷に予備としてついてくる印刷物を色校正として使用するのです。
NGだった場合は、印刷データで色を調整後、もう一度印刷する必要があります。
しかも2度目でOKが出る保証もありませんので、自己責任で行ってください。

僕がよくお世話になっているネット印刷通販会社さん。

プリントパック ・値段が安い
・ネット印刷通販としては老舗
・電話が繋がりにくい
価格:★★★★★
品質:★★★☆☆
納期:★★★☆☆
対応:★★☆☆☆
ラクスル
 

・ 値段が安い
・サイトが使いやすい
・ポスティングサービスがある
価格:★★★★☆
品質:★★☆☆☆
納期:★★★☆☆
対応:★★★☆☆
WAVE ・ 値段はやや高い
・デザインをアシストしてくれる
・電話対応が良い
価格:★★★☆☆
品質:★★★★☆
納期:★★★☆☆
対応:★★★★★
グラフィック ・値段はやや高い
・特色印刷に対応している
・紙の種類が豊富
価格:★★☆☆☆
品質:★★★★★
納期:★★★★☆
対応:★★★★★
スプリント ・ 値段は普通
・デザインを依頼できる
・23区最短当日納品
価格:★★★☆☆
品質:★★★☆☆
納期:★★★★☆
対応:★★★☆☆